シミ(しみ) 精油

シミ対策には正しい知識で精油ケア

エッセンシャルオイルとも呼ばれ、今やアロマテラピーに大人気の精油ですが、香りを楽しむだけではなく、シミを予防したりするスキンケアにも使う事ができるようです。

 

ですが、エッセンシャルオイルをそのまま肌に塗ってはいけなかったり、光毒性と言う症状が起きたり、正しい知識がないと逆に肌トラブルを悪化させてしまうようです。

 

心穏やかにスキンケアを楽しむためにも、精油でシミ対策をするにあたって気をつけたい事を調べてみました。

 

精油とは?光毒性って?

 

精油とはエッセンシャルオイルとも言われ、植物が持つ揮発性オイルで、それぞれに独特の香りがあり、現在およそ約1,500種類もあると言われています。

 

アラビアやヨーロッパで医療に使われていたことから日本に伝わり、今のアロマテラピーが誕生したようで、オイルにより体調を整えたり肌をキレイにしたりするスキンケアがあるようです。

 

ただ、気をつけたいのが「光毒性」と言う副作用のようなもので、主に柑橘系の食べ物やオイルで光毒性の症状が出ると言うものです。

 

光毒性は紫外線より怖いと言われており、症状は強い日焼け、炎症、火傷、痒みに発疹などがあげられます。

 

また、光毒性によってできたシミは改善が難しいとされているので注意が必要です。

 

光毒性に気をつけたい精油は、主にベルガモット、アンジェリカ・ルート、レモン、グレープフルーツなどがあります。

 

精油でシミのケアをするには

 

精油はエッセンシャルオイルと言われ、アロマテラピーにも使われますが、キャリアオイル(セサミオイルやココナツオイルなど、肌に塗って問題のないスキンケアオイル)と混ぜてスキンケアに使えます。

 

エッセンシャルオイルは濃度が高いので、必ずキャリアオイルを混ぜて使う事が大事です。

 

エッセンシャルオイルは種類が豊富にあるがゆえ、光毒性や自分の体調には逆効果になるものもあります(妊娠中に使えない、てんかんがあると使えない等)。

 

まずはお気に入りのアロマを見つけて香りを楽しむ所から始め、スキンケアに使うならば事前にどんな目的で使うのか、自分の体調に使えるのかをチェックしてから使いましょう。

 

また、アロマは即効性に欠けるのでシミに対して使うならば長期間様子を見る必要があります。

 

シミに効果的とされるベルガモットなどは光毒性が心配なので、夜のお手入れに使うのがベターです。

 

シミに効果的な化粧品でのスキンケア

 

精油でのスキンケアもシミに効果的ですが、自分で作るには濃度を気にしたりキャリアオイルを混ぜたり、光毒性にも気をつけたりしなければならず、ちょっと面倒に思うかもしれません。

 

それならば、きちんとした美白化粧品でスキンケアをするのが安心ですね。

 

オールインワンタイプを選べば時短スキンケアになるので忙しい方に人気があります。

 

オススメなのはメビウス製薬のシミウス(ホワイトニングリフトケアジェル)と言うオールインワンのマッサージジェルです。

 

シミウス(ホワイトニングリフトケアジェル)にはハイドロキノンのような漂白成分は使われていませんが、シコンエキスやオトギリソウエキスなど11種類の自然由来成分を配合し、少し固めのテクスチャでマッサージすることでお肌のターンオーバーを正常にし、シミを剥がして薄くしていくと言う画期的なスキンケアです。

 

マッサージと言うとそれも面倒に思えるかもしれませんが、3分ほどで顔のコリがほぐれ、顔の血色が良くなるのをすぐ実感できますよ。

 

オールインワンなので一つで10役のすぐれものなのですが、まずは公式サイトで10の役割りの詳細や効果などをチェックしてみて下さいね。

 

 

 

>>シミウス(ホワイトニングリフトケアジェル)の公式サイトはこちら

 

ホワイトニング リフトケアジェル

 

 

 

関連ページ

えっ!本当!?寝不足でシミができる?
睡眠不足は肌に良くないと言うので寝不足が肌に及ぼす悪影響について調べてみました。シミは紫外線が原因ですがシミと寝不足は何か関係あるのでしょうか?
シミに尿素は効果ある?
ハンドクリームに良く使われている尿素ですが、シミが薄くなったと言う情報がありました。尿素でシミが薄くなったのでしょうか?副作用なども併せて調べてみました。
液体窒素でシミの治療はできる?
液体窒素でイボを取る治療法がありますが、それはシミの治療にも使われるのでしょうか?もし液体窒素でシミの治療ができるなら、どのように行われるのかなど調べました。
漢方の力でシミを改善!?
漢方の力でシミを改善すると言うのがあります。西洋医学と少し違いシミに直接働くよりは体質改善を図るのが目的のようなので、どんな漢方があるのか調べてみました。
エステでシミは消える?どのくらい効果があるの?
シミはレーザーや液体窒素、ハイドロキノンで薄くするものと思っていましたがエステでも薄くする効果はある?エステはシミにどのくらい効果があるのか、価格なども調べてみました。
ネロリの精油がシミに効く?
シミを改善すると言われる高級な精油のネロリですが、シミに対してどのような効果を持っているのでしょうか?ネロリを使う時の注意点なども併せて調べてみました。
「シミにはビタミン」と言うのを詳しく調べると?
シミにはビタミンが良いとよく言いますが、効果のない人がいるのも事実です。シミを消す為に効率の良いビタミンの摂取方法や化粧品の使い方、注意点などを紹介しています。
アロエは「医者いらず」の「エステいらず」!?シミにも効果ありって本当!?
アロエがシミに効果があるというのは本当なのでしょうか?アロエのシミに対する効果とはどんなものなのか、調べてみました。
そのシミ、もしかして肝斑(かんぱん)かも?治すためにできること
いつものシミと違うかもと思ったら、それは肝斑(かんぱん) かもしれません。肝斑(かんぱん) ってどんなシミ?治せるの?そんな疑問に答えます!
気になるシミを改善する3つの方法
大人の女性の肌悩みのひとつがシミ。セルフケアで改善する方法があったらうれしいですよね。シミのメカニズムを知って、改善する方法を実践していきましょう!
シミ・くすみの改善はセルフケアがカギ!
シミやくすみに悩む女性には、美容クリニックの受診を考えている人も多いはず。でもシミやくすみの改善には、まずはセルフケアをしっかりすることが何よりも大切なんです。その理由を見ていきましょう。
シミ対策サプリの最新事情!飲む日焼け止めって?
シミ対策サプリで体の中からも美白しましょう。今注目されているシミ対策サプリにはどんなものがあるのでしょうか?
ストレスはシミの元!「負けない肌」の作り方
ストレスは美容の大敵ですが、特にシミの原因になることはご存知でしょうか?ストレスに晒された肌をシミから守るにはどうしたらいいのでしょう。
シミとそばかすのケア方法に違いはあるの?
シミとそばかすは、見た目が違うだけで同じものだと思っていませんか?シミとそばかすの違いや、それぞれのケア方法について調べてみました。
食べる美白!シミ対策になる食べ物は?
シミ対策には食べ物に気をつけることも大切です。シミ対策に良い食べ物や、効果的な食べ方について調べてみました。