シミ(しみ) そばかす

シミとそばかすのケア方法に違いはあるの?

 

そばかすに悩む女性のイラスト画像

 

シミとそばかすは同じものなのでしょうか?違いはあるの?そんなシミとそばかすの違いを調べ、ケア方法も確認してみましょう!

 

シミとそばかすの違い

 

「シミ・そばかす」とセットで言われることが多いシミとそばかす、そもそも同じものなのでしょうか。

 

なんとなく見た目の形状で、大きめのものがシミ、小さくてたくさんあるのがそばかす、というイメージがありませんか?

 

見た目にも違いがありますが、シミは紫外線ダメージなどによって後天的に生じるもの、そばかすはそばかすができやすい肌が親から遺伝して生じる先天的なものという区別もできるようです。

 

シミは30代頃から顕著に現れてくることが多いのですが、そばかすの場合早ければ5歳頃には現われてきます。

 

遺伝のせいだと言われてしまうと、じゃあどうすることもできないの?と、絶望してしまいそうになりますが、シミとそばかすで生じる原因は違っても、結局はどちらもメラニン色素によってできているものなので、美白ケアによって改善したり、濃くなるのを防いだりすることができます。

 

シミとそばかすのケア方法は同じ

 

そばかすは遺伝によって幼い頃から表に出てきてしまいますが、紫外線を浴びると数が増えたり、色が濃くなるという性質も持っているため、紫外線対策することで症状を抑えることができます。

 

紫外線対策は、シミを防ぐためにも必須事項ですよね。

 

シミの予防と改善のためには、

 

  • 紫外線によるダメージを受けないこと
  • メラニン色素の生成を抑えること
  • メラニン色素を排出すること

 

が必要ですが、この対策はそばかすの改善にも有効です。

 

シミは、皮膚の中にメラニン色素が増え過ぎた時に表に出てきてしまうものなので、体内にあるメラニン色素の量を少ない状態にキープしておくことが大切になります。

 

そばかすが増えたり濃くなってしまうのも同じ理屈なので、やはり体内のメラニン色素の量をなるべく減らすためのケアが必要なのです。

 

メラニン色素の減らし方

 

体の中のメラニン色素を少なくしておくには、まずはメラニン色素が作られないようにすることです。

 

そのために、日焼け止めや日傘などで紫外線対策をするのですね。

 

ビタミンCは摂取すると、メラニン色素が作られるのを抑えてくれる働きをします。

 

美白化粧品にはたいていビタミンC誘導体が配合されていますが、ビタミンCにはメラニン抑制効果の他に、抗酸化作用や、黒くなってしまったメラニン色素を無色に戻す還元作用があるため、ビタミンCはシミやそばかすを改善するための最強の成分と言えるのです。

 

同じく美白化粧品によく配合されているプラセンタエキスにも、メラニン色素が作られるのを抑制する作用があります。

 

体内のメラニン色素の量を少なくするためには、できてしまったメラニン色素をどんどん排出する必要があります。

 

これは、肌細胞の新陳代謝を促進することで可能になります。

 

皮膚は何層にもなっていて、一番下の層で新しい細胞が生まれ、一番上の層が垢になって剥がれていくということを繰り返して新陳代謝を行っています。

 

加齢やストレス、食生活の乱れなどで代謝機能が落ちると、肌のターンオーバーが滞って遅くなり、メラニン色素の排出に時間がかかってしまうので、シミ・そばかすが悪化するリスクが高まります。

 

肌細胞を活性化する成分の入った美白化粧品を使用するのも効果的ですし、フェイシャルマッサージで血行を良くするのも良い方法です。

 

メビウス製薬から販売されている美白ケア製品のシミウス(ホワイトニングリフトケアジェル)は、美白有効成分のプラセンタエキスや、ヒアルロン酸などの保湿成分を配合した美白オールインワンジェルでありつつ、マッサージクリームとしての機能にこだわって開発されているのでおすすめです。

 

お風呂はシャワーで済ませずに、湯船に浸かって温まるようにすると、全身の新陳代謝をアップさせるので、ぜひ実践していただきたいです。

 

 

 

>>シミウス(ホワイトニングリフトケアジェル)の公式サイトはこちら

 

ホワイトニング リフトケアジェル

 

 

 

関連ページ

えっ!本当!?寝不足でシミができる?
睡眠不足は肌に良くないと言うので寝不足が肌に及ぼす悪影響について調べてみました。シミは紫外線が原因ですがシミと寝不足は何か関係あるのでしょうか?
シミに尿素は効果ある?
ハンドクリームに良く使われている尿素ですが、シミが薄くなったと言う情報がありました。尿素でシミが薄くなったのでしょうか?副作用なども併せて調べてみました。
液体窒素でシミの治療はできる?
液体窒素でイボを取る治療法がありますが、それはシミの治療にも使われるのでしょうか?もし液体窒素でシミの治療ができるなら、どのように行われるのかなど調べました。
漢方の力でシミを改善!?
漢方の力でシミを改善すると言うのがあります。西洋医学と少し違いシミに直接働くよりは体質改善を図るのが目的のようなので、どんな漢方があるのか調べてみました。
エステでシミは消える?どのくらい効果があるの?
シミはレーザーや液体窒素、ハイドロキノンで薄くするものと思っていましたがエステでも薄くする効果はある?エステはシミにどのくらい効果があるのか、価格なども調べてみました。
シミ対策には正しい知識で精油ケア
エッセンシャルオイルとも言われアロマテラピーで大人気の精油ですが、シミにも効果があるようです。精油でシミ対策をするには気をつけたい事もあるので調べてみました。
ネロリの精油がシミに効く?
シミを改善すると言われる高級な精油のネロリですが、シミに対してどのような効果を持っているのでしょうか?ネロリを使う時の注意点なども併せて調べてみました。
「シミにはビタミン」と言うのを詳しく調べると?
シミにはビタミンが良いとよく言いますが、効果のない人がいるのも事実です。シミを消す為に効率の良いビタミンの摂取方法や化粧品の使い方、注意点などを紹介しています。
アロエは「医者いらず」の「エステいらず」!?シミにも効果ありって本当!?
アロエがシミに効果があるというのは本当なのでしょうか?アロエのシミに対する効果とはどんなものなのか、調べてみました。
そのシミ、もしかして肝斑(かんぱん)かも?治すためにできること
いつものシミと違うかもと思ったら、それは肝斑(かんぱん) かもしれません。肝斑(かんぱん) ってどんなシミ?治せるの?そんな疑問に答えます!
気になるシミを改善する3つの方法
大人の女性の肌悩みのひとつがシミ。セルフケアで改善する方法があったらうれしいですよね。シミのメカニズムを知って、改善する方法を実践していきましょう!
シミ・くすみの改善はセルフケアがカギ!
シミやくすみに悩む女性には、美容クリニックの受診を考えている人も多いはず。でもシミやくすみの改善には、まずはセルフケアをしっかりすることが何よりも大切なんです。その理由を見ていきましょう。
シミ対策サプリの最新事情!飲む日焼け止めって?
シミ対策サプリで体の中からも美白しましょう。今注目されているシミ対策サプリにはどんなものがあるのでしょうか?
ストレスはシミの元!「負けない肌」の作り方
ストレスは美容の大敵ですが、特にシミの原因になることはご存知でしょうか?ストレスに晒された肌をシミから守るにはどうしたらいいのでしょう。
食べる美白!シミ対策になる食べ物は?
シミ対策には食べ物に気をつけることも大切です。シミ対策に良い食べ物や、効果的な食べ方について調べてみました。